Gunosyが凄すぎる件

Close article

Gunosyというサービスがメチャ凄い。
FacebookやらTwitterやら、はてブやら登録しとくと、
それらのサービスから自分の興味を勝手に分析して、
「あんた、こーゆーの好きやろ?」みたいな情報を抽出、
1日分の最新ニュースや記事を、翌朝メールしてくれる、
なんとも便利なサービス。
その程度なら今までもよくあったし、そもそもRSSで
事足りる。…と思てたけど、違った!
このサービスの解析アルゴリズムの秀逸さがハンパない。
いやむしろ怖い。
今で1ヶ月ちょい使ってるけど、もう記事のチョイスが、
的確すぎて、無くてはならないサービスに。例えば、
・欲しかった携帯電話のスペックや発売日。
・いま勉強中の技術の新サービス。
・ぼくが大事やと思う系の社会ニュース。
・かわい子ちゃんの画像とかまとめ。
・AndroidやiPhoneアプリの動向や今後予想。
・いま話題の笑い話。
…などなど、上記の最新の情報が毎日届く。
何が素晴らしいかって、上記で言うと、携帯は
機種がズバリそれやし、勉強中の技術もそうやし、
これから勉強したい技術もズバリ的確。
かわい子ちゃん画像に関しては、タイプまで当ててくる。
さらにGunosyは日々学習してて、使うごとにより的確に
なっていく。
twitter、facebook、はてブとかよく使う人で、
RSS消化が滞ってる人とかは、GunosyがRSSに代わって、
日課になるかも。
Gunosy
http://gunosy.com/

-記事後記-
 ほんまに情報化社会がカオスな世の中で。。。
地球の裏側の最新ニュースから、超地元の
ローカルマイナーな細かいニュースまで、
webは情報で溢れかえってる。
全てのwebを閲覧することなんか勿論不可能。
でも、見たい記事やサイト、知りたい情報は
たくさんある。流れてくる情報もメチャたくさん。
「何をどう淘汰するのか」はとても重要なことや。
せやけど、たとえば1日500件とかのRSSのタイトルを
すごいスピードで流し見して人力淘汰するには、
そろそろ限界な気ィする。
増え続ける情報に、自動的に淘汰する仕組み、
たとえばGoogle検索もそうやけど。
今後も、Gunosyみたいなサービスがすごく重要に
なってくると思う。
Comment : 0

webでクレイアニメっぽいことをするgoogle

Close article

今日のぐーぐるさんのロゴかわゆす。
logo-1
今日はアート・クローキーさんの誕生日で生きてたら90歳だそうな。
このアニメーションは、アニメgif画像じゃぁなくって、
勿論flashなんてアレなやつでもなくって、html5のvideoタグでもない。
実は、各文字(粘土人形?)が、それぞれ独立したjpg画像なんやけど、
logo-2
こんな感じの映画のフィルムみたいな横長な画像の1部分だけ表示してて、
クリックしたら、パラパラ漫画みたいに、フィルム映画みたいに、jsで、
すごいスピードで少しずつ位置をスライドして、アニメーションを、
実現してる。
まるで「クレイアニメ」!
googleのユーモアか、アート・クローキーへの敬意か何かか。
…ぼくも、こゆことするweb技術者でありたい。

Comment : 0

google日本語入力imeで遊ぶ

Close article

 うわさのgoogle日本語入力で、ちょっと遊んでみる
( 入力 →サジェスト結果 )
ひとがご →人がゴミのようだ
てんくう →天空の城ラピュタ
ああえ →嗚呼栄光の甲子園
どらえ →ドラえもん
のびた →のび太くん
あんぱ →アンパンマン
じゃむ →ジャムおじさん
ぎにゅ →ギニュー特戦隊
あると →あると思います
ほれて →惚れてまうやろ
がりが →ガリガリガリクソン
がりが →ガリガリ君
きのう →平成21年12月7日(←前日の日付)
きょう →2009/12/08(←今日の日付)
あす →2009年12月9日(←明日の日付)
・・・恐ろしいサジェストやわ。
どないなってるんやろ。
なんかATOKを使ってる人は、そっちのほうが
使いやすいって TLで見たけど、MS-IMEと比べると
断然googleのほうが使いやすい気がする。
最近google DNSもでたし。ほんま怖いわ。
既にスカイネットレベル。
-関連リンク-
google 日本語入力
---------------—-
ち、ちなみに「ひとがご」はGigazineにも痛ニューにも
掲載されてたけど、それより早く知ってたんだからねっ
→ @sonk (twitter)
ただ…みんな考えること同じなんやなw

Comment : 0
↑ return to top of page
blog comments powered by Disqus